きらりのブログ★

てづくり工房「atelier*きらり」の病弱作家YURIがお送りする、日々のきらり(…?)を綴るブログ。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
0
    ウザいのは音と運動で紛らわせておけ、と。

    何やら慢性化の様相。付き合いは12年程で長い方だけど、こんなにしつこいことはなかったんだけどなぁ。え…もう治らないの?悪化の一途?

    結局、決定打になる治療法も特にはないとか。意味があるのかよくわからなかったのは心臓発作の時の薬と同様のパターンだ。飲んでも発作は出ていたから。

    心臓発作と違うのは
    最終的に手術できるか否か。切り札があるなら頑張れるけど。

    私の世界は静寂にみちている。うるさい耳鳴りや難聴は脳にのめり込む。
    一方で、雑音の中では聴きたい音を掴めず集中できない。


    師曰く
    耳鳴りで死ぬ人はいない

    まあ、聞いたような科白だ。

    アトピーで死ぬ人はいない

    上室性頻脈で死ぬ人はいない

    まあまあ、よく死ぬ人がいない病にかかりますわ(笑)

    まあまあまあ、死ぬ人がいる病にもかかってますがね。死ぬまでは生きますよとりあえず。

    例え耳がダメでもね。
    | 23:57 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
    0
      昨日今日といいお天気。

      本日4/1は救急車で搬送記念日です。
      静岡まつりに頭痛薬を持たずにでかけ、悪化。
      混雑する車内ではしゃがんでなんとか耐えたけれど
      下車と共に嘔吐。
      まだ焼津駅にエスカレーターが設置されたばかりの時分ですから
      昔々のはなしですが。

      何しろ頭痛でよく運ばれる。よく吐く。
      焼津駅でも救急車よびますかと何度かきかれ
      静岡駅でも2度は助けを求めた。
      高校時代は学校で2度担架で運ばれた
      中学時代は修学旅行最終日に頭痛で吐いて
      別行動
      小学校時代も迎えに来てくれた親の車に乗って
      まどのそとへ…(以下略)

      発病前は一度吐けば楽になったけれど
      発病後は胃腸障害がでてしまい
      脱水してもまだ吐き続けてしまう野を繰り返す
      地獄ループを2度ほど起こしているので
      昨日はもう怖くて…

      そうです、わたくしまた頭痛で吐いて死んでました。

       
      | 21:00 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
      0
        140208_1453~010001.jpg
        なんだか全てが嫌になりかけたり投げ出したくなったり逃げ出したくなったり絶望しかけたり。

        裸を観られることに匹敵するような身包み剥がされたような恥ずかしい思い連発の1日を経て、食欲なんぞもかなり減退というか憎悪と罪悪感のなかにこってりと漬かったタレメンチのテンションだった昨日。

        学生時代の友人が会いに来てくれた。
        (ありがとう!!)

        条件が似た同年代が集まると…懐かしいのもあるが凄くわかりあえるもので。その頃別グループでも、たった2年でも、小学生の頃からでも、とにかく同じ時間を長く共有した仲間は特別なのだ。
        年上ではあるけど益田ミリさんの新聞に掲載中のエッセイの内容に共感できる。

        とりとめなく愚痴や懐かしい話をすることで、辛い思いが和らいだ気がした。

        ありがとう。
        | 10:13 | 大切なココロ・カラダ | comments(2) | - |
        0
          このたった1、2ヶ月をなんとかやり過ごせばまた木に花咲き芽吹く季節がやってくるが、ひとまず一番嫌いな寒い方の頂点へ突入した。
          静岡県でも雪など殆ど縁のない焼津で寒いだの冷えるだのとぐだぐだ言うのは他県の皆様に甘いといわれそうでありますが、やはり寒いし冷えるのであります。


          それとは無関係に相変わらず耳の調子が良くならない。10月に再発して以来、軽くなって消失したためしがない。
          段々間延びする症状に合わせ大胆に大量に医師が処方してくれる、後味が悪すぎて飲みにくく重いい例の液薬がまだ4箱は余裕にあるが、それを飲みきったところでよくなるかはわからない。いい薬だと聞きもしたが眉唾物のように感じられてならない。


          片耳はふさがれたような圧迫感で、片耳はゴォゴォと血流音を主張する。
          片眼は利き目だが近眼で白内障、片目は色は解るが近くにも遠くにもピントが合わない。
          数値も高止まり。
          …まっことうざったく気が滅入る。
          | 00:52 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
          0

            身体が秋モードに慣れてきたので
            ヒリヒリ感とかむくみなどが一旦落ち着いた。

            連休の中日履き慣れない…というかずっとあったけれど
            履く機会が少ないフォーマルな靴を履いて
            とある会場に行った。

            段々痛くなっていく足の甲。
            しかし出先で脱ぐわけにも行かない。
            紐の締め方もまずかった。
            そんなに甲高ではないはずだが合っていない。
            しかし折角の遠出。ついでに行きたい所へ足を伸ばした。

            じぇ!

            更に痛みが増す。
            帰ろうと駅に向かうその足がついにこむら返りを起こした。
            ふくらはぎなどはよくつるけれど無理したら足の甲もつるらしい。
            夕方の某有名公園の喧騒を他所に思わず立ち止まり、
            しゃがみこんでしまった…。痛い。
            勿論誰も、見向きもしない。
            みんながみんな、自分の事に忙しい。
            泣きそうになった。

            暫くしゃがんでいたらつっていた状態から元に戻り
            何とか立ち上がりゆっくりと歩き出した。
            最寄り駅に降り立つ時はもう靴紐全開にしていた。

            じぇじぇ!

            家へ戻り念願の脱靴下と床に足をつけたわけだが
            無理したダメージが赤紫いろになって足の甲に残った。


            その翌日別の靴を履き、外出したのだが
            またその次の日、何故か左足の薬指が特に痛い。
            靴下を履くのもツライ感じ。
            表面は何もなっていないのに一定の部分だけ
            スリッパが引っかかるだけでも痛い??
            足の甲も勿論痛むがそこだけは特別痛む。
            その日はそこにも湿布をつけた。

            内心焦っていた。やばいどうしよう
            病気の関係でフットケアは重要とされており
            本当はそんな負担をかけさせるべきではないと
            勉強しているからだ。血流の異常を起こすほど
            ヘンな履き方をしていたのかと。
            (本来裸足も良くないといわれる。
            夏は暑いから基本的に履かないけど。)

            じぇじぇじぇ!

            またまた次の日。フロア上がりに指を見て驚いた。
            サイドがヘンな色!
            そう、痛かったのは爪のある表側ではなかったのだ。
            右サイドから裏側にかけて赤紫色に変色していた。

            何故????


            窮屈な靴のせいだとばかり思っていたが…実は
            窮屈な靴で出かける前日、裸足の状態で
            足の指を壁の角にぶつけていたことを漸く思い出した。

            その時一瞬痛い!と思ったけれど、どこをぶつけたか
            すっかり忘れていたが、薬指だったわけだ。
            既に損傷していた足に更に窮屈な靴の応酬で
            つってしまったのかもしれない。

            自分で内出血するほど強く打撲…
            わたくしのキック力はダテではないのでした。

            | 19:43 | 大切なココロ・カラダ | comments(2) | - |
            0
              乾いたら…死ぬんじゃなくて、浮腫まくり。

              この2日程暑さが和らぎ乾いた秋の気候になっているここ焼津ですが、今まで朝から汗腺全開で全身から吹き出していた汗がぴしゃりと止まり楽になったと思いきや、足の付け根が詰まるあのいや〜なつまり感がやってきました。


              何なの!
              身体も秋モードにシフト?
              ってこれ、冬と同じではないか(;`皿´)


              身体はサラサラの人間に戻りましたが、足が根っこから重たい…まるで退院直後みたいだ。退院直後はベッドでの脚水平生活になれきっていたリンパと水分が落ちてきてむくむのだが。

              足首の辺りの皮膚が張って若干ツヤツヤしてる…(´Д`;)


              快適な環境=快適な体調じゃないのかい…せっかく夏を乗り越せたとおもったら…数値も関係あるのか?わかりません。

              きついなぁ…
              | 10:26 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
              0
                暑い。何とか耐えてるけど暑い…
                脱水しまくり。

                皮膚がじっとりと湿っていて乾くと死んじゃうタイプの生き物のようだ。
                ちなみに風に当たるとすぐつめたくなるように出来ているからだのしくみ。

                パソコンなんかいじろうものなら、机に接する肘から下辺りが池のようになる。原稿用紙みたいなものは湿ってふにゃふにゃになる。多汗症かな…


                そんなこんなで店では蟹とか海のすばしこい怪しい生き物と格闘し、家では蚊と時々蜘蛛とか茶羽根と格闘…

                今夜は必死汗をかきながらでかい蜘蛛と闘った。脱皮した抜け殻を母が見つけて数日…不安な日々を過ごしていたが。
                何の因果か、大抵遭遇するのは一番蜘蛛嫌いの私だ。

                及び腰で戦い、完全勝利まで見届けて、安堵する。
                はぁ…つかれた。

                風呂直前も直後もあせだくだく。
                | 00:10 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
                0
                  7月ですね。

                   隣のパン屋さんの駐車場として役に立っている
                  きらり店舗です…。

                  家で篭って作業です。
                  乙女なものをこさえている。
                  本人全然乙女ではねえが。
                  潜在的にオネエっぽいのか?


                  急に蒸し暑くなった。
                  公園で蝉が鳴いていた。

                  また目覚めて暫く低音聴力障害。
                  これから毎月生理前に難聴…とかは
                  やめてくれよ〜?
                  心臓は時々変な動きをする。
                  スイッチの電源自体は入らないのだけど
                  なんだかまだ怖い。


                  6月末に大井川ミュージコにて
                  美輪明宏の講演会!
                  3月、なんとかチケットをゲットして
                  楽しみにしていました。
                  頭痛がしたけどなんとか耐えて。

                  チケット代安いだけに??
                  花台もなく演台オンリーの舞台。
                  紫のライトの中心で輝いていた
                  花は美輪様☆
                  一番後ろだったから
                  高い所から見下ろしてスミマセン…
                  な感じ。
                  初ナマ美輪様のあの独特なナマ声…
                  ヨイトマケの唄のちょっぴりおまけ付き。
                  女心をがっつり鷲掴みでした。


                  ミュージコは子どもの頃舞台を
                  利用したことならあったけど
                  それ以降は全く無縁で。
                  懐かしかったどころか、新鮮でした。
                  美輪様も気に入っていたようですよ。

                  8月にNHKのSONGSで特集があるのだとか。
                  若者がインタビューうけてましたけど
                  実際はかなりの高おばさま率でしたわよ。
                  をほほ。
                  | 19:20 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
                  0

                    祝!!富士山世界文化遺産登録!!!

                    三保の松原、認められてよかった!
                    数年前に作品の研究のために
                    一度行きました。

                    駐車場まで行ったはいいが、
                    ひなびた感じのお土産やさんの前で
                    毎度おなじみの低血糖を起こし、
                    たしかきな粉の入ったソフトキャンディー
                    みたいなものを母が買ってきて
                    それをむさぼった記憶が。

                    あの微妙に昭和な雰囲気のお店は
                    そのまま遺産になりますでしょうか…



                    さて。退院して明日で10日かな。
                    カテーテルアブレーション。
                    実はまだ息が苦しくなりやすいです。
                    階段の上がり降りとか、ちょっとしたことで
                    息があがるというか…発作のスイッチは
                    入らないけど、不整脈っぽい感じ…
                    まだ激しく動くのはNGなのかな。
                    わざと火傷負わせているんだからなあ
                    (治っちゃうと「再発」らしい)

                    左側の耳がメニエールの後遺症で
                    「脈モニター」になってるので
                    ゴーン ゴーン
                    ゴーン ゴーン
                    中々やかましい感じ。

                    | 19:42 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
                    0
                      130608_1412~010001.jpg
                      内科と違うのは覚悟してたけど前日突然合格だからと退去命令きました。
                      しかも無罪放免!(?)もう、予後の診察も要らないんだそうです。
                      スゲーな先生!(悟空風)

                      合格かどうかは生理前じゃなきゃわからないけどね。

                      執刀医の先生ともこれといってコミュニケーションとれずじまいでしたが長く手を携えるのではなく、一期一会関係っていうのもあるんですよね。

                      その他、手術体験から薬や患者さんからの話などなど短いながら新たに勉強になりました。

                      さて明日からまたやることがんばります。

                      入院て暇じゃないのよー病院でつくったくま。
                      | 09:23 | 大切なココロ・カラダ | comments(0) | - |
                      <new | top | old>