きらりのブログ★

てづくり工房「atelier*きらり」の病弱作家YURIがお送りする、日々のきらり(…?)を綴るブログ。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 湿ってるひとが乾いたら… | main | 迷い猫との数日間 >>
0
    火曜日の診察で主治医は私が1型であることにあらためて取り組もうとしたら、6年目にして初めてDMファンブックともいえる「さかえ」と自分とこの患者会について勧めてきた。
    え?活動してたの?(°□°;)
    いや、急に乗り気になった…のかな…しかし、以前患者さんに聞くに、2型多めな会だったというはなしだった。

    とにかく圧倒的に2型率の多いうちの病院は1型の勉強会などはしないし、csiiなんていったらたった独りの生き残り。
    何度かの入院中でようやく出会えた人はいるものの、個人的交流に終始し、中で待っていても何も起こらない。

    今年はカテアブというDMと直接関係ない 手術での入院のみで済んでおり、3.11の震災の月末に退院以降緊急入院は起こしていない。
    まあ、ガシガシ働ける程活発には動けなかったけれど、去年よりは元気であり、気合いで東京にも行けたりした。

    今までは数日先の約束も怪しい人間だったが行動、交流する体力がある今年はチャンスだ。


    縁あってメールにて知り合った方からの勧めで今月ついに、他県の1型のミーティングにいくことにした。発病してわりと長いのに、初めて(!)


    そうそう、7月交換のミニメドを旧式のから新式のにかえてもらいました。
    液晶が傷だらけのピンクの中古だけど、やはりバッテリー見える方が安心。紫、綺麗だったけどね。
    | 11:31 | type 1 diabetes mellitus | comments(2) | - |
    季節の小箱 (2013/10/10 10:51 PM)
    ご無沙汰しております。
    焼津で歌を歌っている季節の小箱(増田浩二)です。

    以前、私も事務局をやっていた「静岡県つぼみの会」は、
    「静岡県儀薪尿病患者家族の会」です。
    今年は、娘が副会長をやっています。
    11月の総会で、スタッフも少し変わると思います。

    「さかえ」を出している日糖協、静糖協も
    「つぼみの会」を支えてくれている団体のひとつです。
    25年前、娘が儀燭砲覆辰浸は、
    運よく「静岡県つぼみの会」が発足したばかりの頃でした。
    活動については、私のホームページ「季節の小箱」をご覧ください。
    YURI (2013/10/11 10:22 AM)
    季節の小箱様

    ご来訪&コメントありがとうございます。お久しぶりですね。大富地区の方と知りながらいまだお会いせぬままでありますが…

    時間が経っても病気が消え去ることなどなく、むしろ積み重なり重たくなっていきます。

    私の病院の患者会は(現在さかえの配布のみのようですが)1型2型mixの会…というか多分2型のみだと思われ、やはりまよいます。


    またのぞかせていただきますね。