きらりのブログ★

てづくり工房「atelier*きらり」の病弱作家YURIがお送りする、日々のきらり(…?)を綴るブログ。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 月曜日。初仕事ならぬ初受診そして改革 | main | 出口のない迷路 >>
0
    ML_140103_2006~010001.jpg
    年末言い忘れてました…
    お知らせです。


    2月15・16日に東京・北沢タウンホールにて第24回下北沢演劇祭というイベントが開催されるのですが、劇団風の子さんという児童劇団さんの公演のチラシに私のイラストが採用されました。(そんな風に使われるとは思いませんで驚きました)

    「風の一座」という演目です。裏には四季のかぜのこたちがちらちらっと。頑張って宣伝しています。

    実は年単位の長い時間をかけ…はるなつあきふゆリアルに季節を感じながら世にうまれていきました。

    ちょっとでもワクワクするような感じが伝わって、劇を観たいなとおもってくださったのならあの風の子たちが生まれた意味があるというものです。

    手にしたあなたに幸せが訪れますように。
    | 01:29 | きらりNEWS | comments(2) | - |
    木市 (2014/01/22 10:38 AM)
    イラストかわいい!
    採用されるなんてすごいね!
    芸術的な才能があるって羨ましい。
    私は頑張っても、頑張っても描けないもの。
    才能は力ですね。
    努力から生まれる才能もあるけど
    先天的なものには勝てない。
    自分の才能を自分が理解すると
    きっと人のためになる何かが生まれるんだろうなぁ。
    そして誰かのために願う幸せは
    いつかきっと自分に戻ってくると。
    YURIさんの純粋で、優しいイラストを見て
    そう感じました。
    yuri (2014/01/22 4:02 PM)
    木市さん

    コメントありがとうございます。お久しぶりです。

    私もまったくおんなじことを常日頃思っています。
    自分は無力だ、無能だって。もがいているいつも。

    だから…多分…これが一回きりで、人の記憶から忘れ去られてしまうもので…でも、だったとしても私の小さな想いが、わからないけれど…木市さんみたいに受け取ってくれる人がいてくれたことが嬉しく、人生のいい記念になりました、って感じです。