きらりのブログ★

てづくり工房「atelier*きらり」の病弱作家YURIがお送りする、日々のきらり(…?)を綴るブログ。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かごのとり | main | なぞとける つくづくおしいと きみはなく >>
0
    私は至って普通の儀身縦蠅箸覆辰拭

    最近確かに調子が悪くはない。
    夏だからか数値も悪くはない。
    新しい主治医が教えてくれる
    数値の読み方が正しいのだろう。

    カーボカウントの勉強も毎月決まって
    診察とセットになっている。
    極力、決まった量を食べる。
    胃腸の調子が悪いと常におなかが一杯で
    食べられないこともある。

    最近でも一度打ったのに量が食べられず
    あまり高くはなかったこともあって
    あれよあれよという間に
    数値とともに思考能力が低下、
    パニック状態に…ということもあったが。

    とにかく普通の儀燭覆里澄
    薬は結構な量飲んでますけどね。


    この何年、(十何年)何だったのかと思うくらい。


    ある検査の結果が出るまでは、この何年もずいぶん
    デリケートに日々を過ごしてきた。
    検査結果は、問題がなかった。
    ゆえに普通の人生設計を主治医は勧めはじめた。


    そんなもん、考えてなかった
    考えてこれなかった。
    調子が悪かった。


    でも。
    今までが間違っていて
    私の具合の悪かったのは治療方法の間違いで
    私の具合が悪かったのは甘えていて気のせいだった
    …んじゃないかと思ってしまうぐらい。

    ひとまず過去は置いといても、
    私は急にまっとうな人生を歩む方を目指しなさい
    と言われ、でもまっとうな道から外れすぎてきたせいで
    道に迷っている。今更、どの道を選べというのだろう。
    夢も希望もとうに雲散霧消しているというのに。
     
    | 23:50 | type 1 diabetes mellitus | comments(0) | - |