きらりのブログ★

てづくり工房「atelier*きらり」の病弱作家YURIがお送りする、日々のきらり(…?)を綴るブログ。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋の空扇構えてもみじの舞台 | main | 11月だけど先に走る&三ヶ月カレンダーのはなし。 >>
0
    1型を発病して12年目に突入しました。

    さて、発病後から道誤った感私に変化はもたらされるのか。
    慢性疾患セルフマネジメントプログラム。
    6回に渡って毎週一度開催されるプログラムに
    地元で参加することになりました。

    本当は昨年春、東京にて参加しようかと考えていたものでした。
    別の資格を取得するべく駒場まで通っていたもので。
    しかしその時は予定がダブっていたので諦めて…

    なんだかんだで今の主治医と初めて接触して。
    患者会などで同じ病気の人とであって…
    …と、やっているうちにこのプログラムの話が突然出てきました。
    先駆者がいて、宣伝してたのです。
    さらに地元では講演会まで開かれて、
    すごくいいと別の先駆者が現れたりで。

    それで地元ではアツい感じになりまして
    地元開催に漕ぎ付いたわけですが。

    でもちょっと…こういうデリケートなテーマです。
    全然知らない人の中にいたほうが逆に自分が解放できるのではと。
    ある程度「知っている仲間」とそれをやるのはやはり…
    今後も顔をつき合わせていく仲間ですから。
    人によるでしょうけれど私は、引っ込み思案なので(苦笑)

    実際参加してみて、やっぱりそれを思いました。
    ということで…

    中身は…まだフィットしていないかな…
    例えば痛みの忘れ方といっても私の持つ神経障害の痛みは激痛という
    部類の痛みとは違うし。

    眠れないのも、ベッドに入るとか風呂に入るのがどうも憂鬱なので。
    それさえクリアして一度寝ちゃえば大抵寝れるし。
    どうすれベッドに入る行動までスムーズにいくのかが知りたいのに。

    私の悩みに対して問題と解決方法がややずれてるかんじです。

    私は変わるのか?変われるのか??
    はてさて。
    | 12:48 | type 1 diabetes mellitus | comments(0) | - |